Hiroshima Wind Orchestra

Hiroshima Wind Orchestra Official Website
 080-1647-5951
お問い合わせ

Information

2018 / 12 / 14  

結成25周年記念公演 終了報告

結成25周年記念公演の東京及び広島公演を、盛況のうちに無事に終演いたしました。
ご来場くださいましたお客さま、公演にあたりご尽力いただきました皆さまへ、厚く御礼申し上げます。

【東京公演】
1129日(木)19:00~東京芸術劇場

【第50回定期演奏会】
122日(日)15:00JMSアステールプラザ
指揮/下野竜也  ユーフォニアム/外囿祥一郎
大胡恵:少しずつ訪れた悲しみは、いつの間にか去っていっただろうか?(2017)[初演]
長生淳:ユーフォニアム協奏曲《天涯の庭》(1998)(solo 外囿祥一郎)
西村朗:秘儀Ⅶ《不死鳥》(2018)[HWO結成25周年記念委嘱作品・初演]
高昌帥:ウインドオーケストラのためのマインドスケープ(2005)
 
2018.11.29-326のコピー.jpg(東京公演)
20181129日『東京芸術劇場presentsブラスウィーク2018』の一環として記念東京公演を開催致しました。
プログラム全ての作曲家の方にもご来場いただけました。心より感謝申し上げます。
2018.11.29-180のコピー.jpg
大胡恵氏の『少しずつ訪れた悲しみは、いつの間にか去っていっただろうか?』では東京芸術劇場と広島のリハーサル会場とでは全く違う色彩を体感しました。
2018.11.29-221.jpg
長生淳氏のユーフォニアム協奏曲《天涯の庭》は、ソリスト外囿祥一郎氏の卓越された表現力と超絶技巧、そしてパワーに圧倒されました。
2018.11.29-236のコピー.jpg
第二部始めの西村朗氏と、当団プログラミングアドヴァイザー国塩哲紀によるHWO結成25周年記念委嘱作品 秘儀Ⅶ《不死鳥》のプレトークの模様です。
話題が脱線するなどトークに会場が湧きました。
2018.11.29-333のコピー.jpg
『マインドスケープ』終了後、喝采の中登壇くださった高昌帥氏。この後『イリュージョン』・『アルヴァマー序曲』をアンコールとして公演を締めくくりました。
img_20181203091946のコピー.jpg(広島公演)
続いて、2018年12月2日『アステールプラザ 芸術劇場シリーズ』として広島公演を開催いたしました。
会場にはふるさとドネーションシート招待での中高生のみなさまにも多くご来場いただきました。
いつもの会場の地元公演は「ホーム」ならではの空気感があり、演奏だけに集中することができました。
img_20181203092001のコピー.jpgimg_20181203092009のコピー.jpg
演奏前に行った下野音楽監督のトーク風景。
各曲に対し演奏する側からのイメージの一つとしてお話いただき、ご来場者からは音楽の受け取り方が膨らんだと好評でした。
img_20181203091944のコピー.jpg
ユーフォニアム協奏曲終了後、鳴り止まない拍手に予定外のソリスト・アンコールもありました。
広島公演ロビーにて
img_20181203092010のコピー.jpg
両公演ともロビーにて全曲スコア展示を行いました。特に現代音楽はスコア表記方法も多彩なため多くの方に興味を持ってご覧いただきました。
img_20181203092033_001のコピー.jpg

記念公演を終えた今、これまでの広島ウインドオーケストラへ携わってくださった全ての方に対し、25年育てていただいた感謝の気持ちで胸が一杯です。
これからも今まで通りに音楽に真摯に向き合い、精進してまいります。
今後とも、広島ウインドオーケストラへの応援を何卒お願いいたします。

 
2019.09.23 Monday