Hiroshima Wind Orchestra

Hiroshima Wind Orchestra Official Website
 080-1647-5951
お問い合わせ

Information

2017 / 04 / 25  

下野竜也・広島ウインドオーケストラによる 2017 年度全日本吹奏楽コンクール課題曲 楽器クリニック &新・旧課題曲によるミニコンサート

今年は4/22に鳥取県米子市公会堂、4/23に広島JMSアステールプラザの2か所で開催されました。

IMG_7040.jpg 

 

米子市公会堂は柔らかい響きのホールで、鳥取県西部地区と島根県東部地区の中高生のみなさまと先生方が課題曲のお話と演奏に熱心に耳を傾けてくださいました。

 

また、コンサートの後には先生方にお集まりいただき、下野竜也音楽監督による更に詳しいアナリーゼのお話会が急遽設けられ、大変喜んでいただきました。

 

 

翌日広島JMSアステールプラザでは、前半は楽器別講習会、後半はコンサートという流れで1日がかりで行われました。

 

IMG_7066.jpgIMG_7065.jpgIMG_7060.jpgIMG_7061.jpgIMG_7062.jpgIMG_7055.jpgIMG_7064.jpgIMG_7068.jpgIMG_7059.jpgIMG_7067.jpgIMG_7057.jpgIMG_7067.jpgIMG_7058.jpgIMG_7063.jpg

 

 

 457AF637-.jpgIMG_2407.jpg

 

 

夏のコンクールに向けて、お役に立てるヒントがありましたら幸いです。

 

ご来場下さいました方々、開催にあたりご尽力いただきました関係者のみなさまに心より感謝申し上げます。

 

 

2017 / 04 / 21  

リハーサル風景

リハーサル2日目が終わり明日は米子市公会堂、明後日は広島アステールプラザでコンサートです。

 

今日は、お隣の会場で広響さんがリハーサルをしていましたので、指揮者の現田茂夫さんと下野竜也監督のツーショットを一枚。

 

さて、明日からの広島ウインドオーケストラのコンサートは曲のアナリーゼを含めた下野竜也監督の楽しいお話しを交えながらの演奏になります。コンクールに向けて練習をされている皆さまには、新たな発想や演奏のヒントになれば嬉しいです。

 

広島公演はまだお席に空きがございますので、是非お越しください。

 

米子のみなさま、明日会場でお会いできます事を楽しみにしています!

 

広島公演詳細

http://h-wind.com/t_227925/info/2017-03IMG_2384.JPG

 

IMG_7023.JPG

2017 / 04 / 01  

楽員コンサートのお知らせ、Tp村上俊也 Tb杉浦絢也

広島ウインドオーケストラコンサートマスター・村上俊也の独奏によるJ.ハイドン「トランペット協奏曲」を、
広島ウインドオーケストラバストロンボーン奏者・杉浦絢也の指揮でお送りいたします!

更にメインにはゲーンズホールの誇るパイプオルガンとの共演でのC.サン=サーンス「オルガン付き」フィナーレなど、個性的なプログラム揃いです。
是非ともお出でくださいませ。駐車場はございませんので、公共交通機関などでお越し下さいませ。


「広島女学院中学・高等学校吹奏楽部 第30回定期演奏会」
開場13時30分 開演14時 
広島女学院ゲーンスホール(広島市中区上幟町11-32)

指揮:杉浦絢也
トランペット独奏:村上俊也

曲目:
C.サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」フィナーレ
J.ハイドン トランペット協奏曲
2017年度吹奏楽コンクール課題曲
Joinメドレー  他
2017 / 03 / 01  

~下野竜也・広島ウインドオーケストラによる 2017 年度全日本吹奏楽コンクール課題曲 楽器クリニック &新・旧課題曲によるミニコンサート

受講生募集案内 

 

広島ウインドオーケストラ音楽監督、下野竜也と広島ウインドオーケストラによる今年度全日本吹奏楽コンクール 課題曲を中心とした楽器クリニックと、課題曲全曲演奏を含むミニコンサートを行います。 毎回大好評の本講習会、今回は課題曲分析・演奏解釈および具体的な演奏法について、学生の方を対象に 広島ウインドオーケストラの楽団員が楽器別に講習・アドバイスを行います。 また指導者、学生及び音楽愛好家の方を対象に、下野竜也音楽監督のトークを交えた広島ウインドオーケストラによ る、課題曲全曲演奏を含むミニコンサートも開催する充実の一日です。 

楽器クリニックの受講生、ミニコンサートの聴講者を募集します。 

 

 

2017年4月23日(日) JMSアステールプラザ

楽器クリニック 11:00~12:45(午前) 14:00~15:00(午後) 

新・旧課題曲ミニコンサート 15:30~16:20 

 

主 催 :広島ウインドオーケストラ、ひろしまオペラ・音楽推進委員会、広島市、 (公財)広島市文化財団 アステールプラザ 

 

1)日時 

 

楽器クリニック ・対象 

 

中学生・高校生で、楽器を演奏している方。 

【募集パート(定員)】
フルート(6 名)、オーボエ(4 名)、クラリネット (20 名)、ファゴット(4 名)、ホルン(6 名)、 サクソフォン(8 名)、トランペット(6 名)、 トロンボーン(6 名)、ユーフォニウム(4 名)、 チューバ(4 名)、コントラバス(4 名)
※パーカッションは行いません。 

 

ミニコンサート・ 対象 

 

指導者、学生、音楽愛好家の方。(定員 250 名) 

《プログラム》
・2017年度課題曲全曲 ・音楽祭のプレリュード(1970) 

・吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」(1985) ・行進曲「オーバー・ザ・ギャラ クシー」(1980) ・吹奏楽のためのインヴェンション第1番(1983) 

 

2 )会 場 ・楽器クリニック《JMSアステールプラザ諸室》 ・ミニコンサート《JMSアステールプラザ オーケストラ等練習場》 

 

3)講師 

  広島ウインドオーケストラ楽団員

 

4 )楽器クリニックについて

  中学生・高校生のみの募集とします。

  経験年数や技量に応じて組分けを行います。

 

5 )持参物 

《楽器クリニック》楽譜(課題曲全曲をご持参下さい)、楽器、筆記用具 6 受講料 

※楽器の貸し出しは行いません。

・楽器クリニックのみ 1,000円(中・高生のみ) ・楽器クリニック&ミニコンサート 1,500円 ・ミニコンサートのみ 1,000円(学生・一般)
※ 受講日の当日に受付でお支払いください。 

 

7 )申込方法 

【FAXでの申込み】受講申込書に必要事項を記入し、082-815-6818 に送信してください。

【メールでの申込み】受講申込書の必要事項をメールにて hirabayashi@h-wind.com に送信してください。

※事務局からの返信をもって申し込み完了としますので、ご自身のご連絡先を正確にはっきりとご記入ください。 

 

受講申し込み書

 

pdf 2017クリニック要綱.pdf (0.36MB)

 

 

8 )申込期限 

  募集は申込み順で受け付け、定員になり次第締め切ります。

 

9) 申し込み 

  広島ウインドオーケストラ事務局

【E-Mail】 hirabayashi@h-wind.com 【FAX】082-815-6818 10 お問い合わせ 

【TEL】080-1647-5951 

 

【 会場までの交通アクセス 】 

JR広島駅から《市内電車》広島港行(紙屋町経由)- 「市役所前」下車(徒歩 600m) 江波行- 「舟入町」下車(徒歩 400m) 

 

《市内バス》広島バス 24 番/吉島営業所行、又は吉島病院行、「加古町」下車(徒歩 200m) ※ 駐車場の確保はできませんので、公共交通機関等をご利用ください。 

 

 

2017 / 02 / 25  

広島ウインドオーケストラ第47回定期演奏会

<ふるさとドネーションシート対象公演>

 

2017年5月27日(土)

14:00開演(13:15開場)

JMSアステールプラザ 大ホール (アクセス)

指揮:広上淳一

 

<プログラム>

ウィルソン:新世界の踊り

ヤンヴァンデルロースト:プスタ~4つのジプシーダンス

高 昌帥:コリアン・ダンス

間宮芳生:ベリーを摘んだらダンスにしよう

A.リード:アルメニアン・ダンス(全曲)

 

指定席:¥3.800(当日¥4.000))*指定席は、事務局のみでのお取り扱いになっています。Tel:080-1647-5951 

自由席:一般¥2.800(当日¥3.000)学生¥1.800(当日¥2.000

 

チケット取扱所:広島アーツ楽器、 エディオン広島本店本館8Fプレイガイド

チケットオンラインサービス:Confetti (カンフェティ)※PC、スマートフォン、携帯対応

(2/27よりチケット発売開始。)

*エディオン広島本店は改装工事のため、プレイガイドはサンモール1Fへ移転しています。

 

 助成:音楽は平和を運ぶ   芸術文化振興基金助成事業

dl02.jpg    Black_d.gif

 

 

お問い合わせ:広島ウインドオーケストラ事務局TEL.080-1647-5951 FAX.082-815-6818

 

コンサートの聴きどころ


 今や広島ウインドオーケストラのレギュラー客演指揮者筆頭格、広上淳一。その燃えるような指揮はまさに音楽の塊。3度目の共演は、エスニックでモダンなサウンドが爆発する異色の舞曲集です。
ダナ・ウィルソンの《新世界の踊り》は、コロンブスの新大陸発見の旅に思いを馳せ、ラテンアメリカ音楽のテイストをベースに妖しくうねる音楽が、さまざまな文化や音楽語法の出会いと融合をダイナミックに表現。
ベルギーの人気作曲家ヤン・ヴァンデルローストの《プスタ》は、チャールダーシュに代表される、いわゆるジプシーの舞曲を主題とした組曲。民謡風の旋律を持つゆるやかな舞曲と速い舞曲が交錯し、愁いと情熱の対照も鮮やかに、どこか懐かしい楽しさがあふれます。
高昌帥の《コリアン・ダンス》は、文字通り韓国の伝統的リズム「チャンダン(長短)」と古い民謡を西洋音楽の形式を用いて構成した力作で、聴く者を興奮させずにはおかない独特のパワーと終盤の熱狂的な盛り上がりはさすが。
 日本作曲界の重鎮であり、世界の民俗音楽に精通した間宮芳生の《ベリーを摘んだらダンスにしよう》は、フィンランド西部の民俗舞曲をモティーフとした洒落た逸品。透明な響きと軽やかな輪舞は、澄んだ空気や青空、花咲く野に踊る人々の姿を思わせます。1994年度全日本吹奏楽コンクール課題曲という肩書を離れ、日本の優れたレパートリーとして味わってください。
そして、現代吹奏楽の傑作にして定番、アルフレッド・リードの《アルメニアン・ダンス》全曲。広上がこの曲を指揮するのはもちろん初めて。名指揮者の手によって、耳慣れた名曲が新たな輝きを放つに違いありません。
 さあ、広上淳一と、レッツ・ダンス!

1 2 3 4 5 6
2017.11.18 Saturday